自動車エンジニアに

自動車のエンジニアになるには

自動車エンジニアの技術とは

自動車の分野では現在、次世代車の開発エンジニアが求められています。一般的に国内のメーカーでは入社後、設計や試作評価、量産プロセスなど、製品開発の一連の流れを先輩社員の補佐を経て、経験を積みながら主担当として育成されていくのが通常なので、選考では年相応のキャリアを積み上げてきたかをチェックされます。また、自動車を構成するユニットや部品それぞれで求められる技術が大きく異なるため、面接の際には自身の人物面のアピールが重要となり、その会社への志望意欲や技術への学習意欲などをしっかり話せるように準備しておくことが大切になります。

人気の自動車エンジニアとは

一般的に自動車のエンジニアとは、整備士ではなく車を作る人をさします。各メーカーでそれぞれ部門があり、チーム単位で開発をしていきます。また一言でエンジニアといっても幾つか種類があります。車の部品、電気系統、設計、エンジンなどによって分けられます。その中で最も人気があるのが電気系統の分野といわれています。もともと日本が技術力、開発力の面で圧倒的に優位といわれていた分野が電子制御ユニットです。2010年以降は自動車のエレクトロニクス化が、企業間競争を勝ち抜くポイントとなっています。電気系統に強い人材は、どこの企業でも人気のようです。

新着情報

↑PAGE TOP